TOPへ戻る


  道場の新しい面下が完成しました
   


平成29年6月吉日
道場生各位

今回新たに道場名の入った面下を作成しました。
揮毫した「剣以報恩」は文字通り剣を以って恩に報いるの意味です。
 道場開設以来数多くの先生方、諸先輩方、ご父兄の皆様、また道場生のたくさんの皆さまに支えられて今日までやってくる事が出来ました。
 これまで、ただ剣道が強いだけでなく剣道を通して日本人としての礼節を学び広く社会に出てもやはり剣道を学んだ人は違うと認められるように指導をしてきました。
道場生の皆さんも常にご両親に対する恩、いつも愛情を以って指導して下さる先生方、そしてお互いに支えあっている仲間に対する感謝の気持ちを忘れずにこれからも真剣に稽古に取り組んでもらいたいと思います。
 この気持ちを面下に記し、またこれからも心の中にきちんとこの言葉を刻んで道場生の指導に当たってまいりたいと思います。

正栄館 磯部道場
館長 磯部政博

Copyright (C) 2005 Shoeikan All Rights Reserved